行政書士ではなく弁護士や司法書士に依頼する案件とは

行政書士ではなく弁護士や司法書士に依頼する案件

行政書士は法律に関する仕事を全般的に行っていく仕事になりますが、似たような職業で弁護士や司法書士もあるじゃないですか?行政書士も含めて、これらの職業では、行える仕事の範囲が決まっています。中には本来行政書士ではできない、やってはいけないのに、その仕事をやっている事務所も少なからず存在しています。

 

当然、依頼する側は行政書士がどこまでの業務をやって良いのか?ということを知っているケースは少ないです。だから、知らないうちに本来は行政書士がやってはいけない仕事を、行政書士に依頼しているケースもあるのです。法律を学んだ行政書士が法律に違反する業務を行っているとしたら、おかしな状況なんですが、そういうケースは少なからずあるようで、そういう行政書士は基本的に信頼できないですよね。そうであれば、最低限避けなければいけない行政書士のポイントとしてはここになるわけです。

 

信頼できる行政書士に依頼をするためには、ちゃんと法律の範囲内で行える業務を扱っているか?それは事務所のホームページなどを見れば、どこまでの範囲をやっているか?は分かるはずです。それを法律と見比べてみて、適切な範囲内に収まっているのか?面倒かもしれませんが、確認をすると、最低限避けないといけない行政書士に依頼せずに済む。信頼のおけるところに頼めるということになります。