行政書士の費用を比較する場合のポイント

行政書士の費用について

行政書士に限らず、士業やほかのサービス業の場合でも、仕事をしてもらえば報酬を支払うのは当然ですが、この報酬の金額が一定額で定められているといったことはありません。
それぞれのサービスでも必要とする費用には違いがあります。

 

ここでは、行政書士に依頼をした場合の費用についてご紹介したいと思います。

 

費用といっても、行政書士が作成する書類は色んな種類のものがあります。以前に紹介をした業務の種類も複数ありますし、手続きの手数料などもあるため、純粋な行政書士の費用を計算するのは難しいと感じる人もいるでしょう。

 

それでも、あえて費用の相場などを紹介すると、一番安いもので、自動車の登録申請が1万円。一番高いもので、法人登録の申請が70万から100万円ほどです。
一番費用が高い法人登録でも、宗教法人や社団法人、福祉法人などの種類によって必要となる手続きが違うのでそれぞれ手続きが複雑なものが費用が高くなると思ってもらうといいでしょう。

 

また、ここで紹介した費用はあくまで参考の数字であって、行政書士が料金を独自に決めることができるので、比較は欠かせません。
しかし、この比較でも注意してもらいたいのは、費用が安いからといって選ぶのには危険があるということです。

 

料金が安くて選んでみると、仕事が遅かった、行政書士としての経験が不十分だった(行政書士の中には業務未経験者もいる)、相談しても明確なアドバイスをもらえなかった、などの問題が発生したりします。
申請手続きは、必要となる時期などが決まっていたり、または、手続きが官公署なのもあったりして時間がかかるものなので、迅速に対応してもらえ、説明が不十分な状態で作成したら、最悪申請が通らないといったこともありえます。

 

そのため、費用の比較をすると同時に、行政書士の経歴であったり、得意分野、相談サービスの充実といった付加価値を見つけることが大事になります。