島根の行政書士を選ぶのに大事な条件とは何か?

行政書士とは

行政書士は、依頼を受けて役所などに提出する許認可が必要な申請書類の作成と提出の手続き。遺言書などの権利義務に関する書類の作成。ほかには事実証明に関する書類の作成。これら3つの業務すべての相談業務といったことを行えるのが行政書士になります。

 

この行政書士を探すのに、どういった行政書士が良いのか判断するための条件を知っている人は少ないと思います。
これには、行政書士が行う業務の官公署へ提出する書類でも、一人の人間が何度も提出するといったことは稀ですし、行政書士と関わる機会が少ないので知らないことが多いのです。

 

先ほどもの紹介したように、行政書士は許認可が必要な申請書類の作成、権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成とおもに3つの業務があり、その中には得意分野というのもあり、行政書士を選ぶにはどの分野が得意なのかも知っておく必要があります。

 

また、全国各地で数千人の数万人の行政書士が業務をおこなっていて、その中から求める専門分野が得意な行政書士を探すのも手間がかかると思います。

 

こうした行政書士を選ぶうえで必要となる情報をこのサイトでは紹介します。
それぞれの得意分野での行政書士を選ぶ方法から、依頼を出す前に知っておきたい報酬の金額とその相場に関係する情報まで幅広く解説していこうと思います。

行政書士の仕事

では、行政書士がどんな仕事をしているのか、これまで行政書士に縁がなかった人には、行政書士の仕事について知らないことをも多いと思います。

 

行政書士は以下のような仕事を行っています。

 

・企業開業に必要な手続き
・内容証明郵便の作成
・遺産相続に関する手続き
・自動車の登録手続き各種
など

 

こうした業務が行政書士の仕事となります。たったそれだけ?と思った方もいるかもしれませんが、企業の開業手続きといっても、ひとつではありません。
どういうことかと言えば、一口に企業と言っても、事業は様々です。サービス業や小売業、代理店や運送業など、提供するサービスや商品によって事業内容は違います。そして、その事業で会社を開業するためには、行政に必要な書類を提出しなくてはなりません。

 

ここで、重要なのは、行政に提出する書類は、決まった書式で、行政書士または弁護士など、その手続を行える士業に書類を作成してもらう必要があります。

 

それに、開業の準備をしている人は、書類の作成から提出までの一連の作業を会社のスタートアップと同時に行うのは、時間や手間を考えると難しいといえるでしょう。

 

そのため、書類の作成等を代わって行ってくれる行政書士に仕事を依頼するのです。